« Ch.桜<動画>日いずる国より、中山成彬・中山恭子「日教組。日本の現状」。水島総。青山繁晴 | トップページ | がんばれ日本<動画>12,10、劉曉波氏釈放抗議、草奔崛起、杉浦芳子、大使館前 »

2010年12月12日 (日)

保守・愛国運動の妨害、左翼の凶暴性、在特会、桜井誠会長の危機

       

  はじめに

    

 最近、保守・愛国の動きに妨害が入っている事を書いているが、保守・愛国の運動だけでなく、また、在特会会長の桜井誠氏が狙われているらしい。

      

     

  在特会会長;桜井誠氏の危機

     

 保守愛国の運動は、反日・妄想左翼のブログの妨害程度では無い。先に「博士の独り言」サンが、暴行を受けた報告がありました。

    

 今度は、桜井誠氏に警察から、「爆殺」の可能性を注意されたようです。この経過がブログに有ったので、紹介します。このような危険を冒さないと、事実を周知できないのが現状です。

     

 必死の思いで、日本の事実を伝えようとしている「博士の独り言」や、桜井誠氏の思いを受け取り、周知に協力しましょう。私達はネットで隠された事実を知る事が出来る。

      

 この事実が多くの国民に広がると、オカシナ動きは無くなるのです。そして、左翼が如何に凶暴な部分を持つか、これは鳩山・菅・仙谷などの学生運動仲間の千葉景子が警官殺しの殺人容疑者である事でも判ります。

      

     

  左翼の凶暴性、桜井誠氏を狙う

      

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10731901112.html

<コピー>

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/
     
講談社絡みで情報が流出した結果、襲撃予告やら脅迫やらが数多く寄せられるようになりました。私個人としては、運動を始めたときから日常覚悟の心づもりでしたので(精一杯の抵抗はするつもりですが)自分の身に何があっても致し方なしという方針で臨んできました。だからこそ、在特会も会長に万一のことがあった場合に備えて、非常時には会長代行に権限がスムーズに委譲されるように緊急事態マニュアルを策定しています。
     
ただ、今回の状況は想定していた対反日勢力のレベルを超えているようです。講談社の卑劣漢が垂れ流した情報に中核派系などの極左暴力集団まで絡んできているそうで、個別の殺人や放火など重大な犯罪案件になる可能性があるとして当局側から所轄と十全な連絡体制を取ってほしいとの要請がありました。
    
本来であれば、自分自身の件に関して他者にお願いすることは不本意極まりないのですが、放火などによって近隣周辺へ被害が及ぶことも想定されたため打ち合わせに応じることにしました。本件対応についての打ち合わせの詳細は省きますが、一つだけこれまで受けたことのなかった警告があったことを記しておきます。
    
今まで自身の安全に関していろいろな警告を受けることがありましたが「小包爆弾に気を付けてい欲しい」 というのには、さすがに一瞬目が点になりました。話を聞けば極左暴力集団の常とう手段で、これまでもこの手口で何度も爆弾事件を起こしているとのことです。当局側からこれだけの警告を受けるということは、私自身が認識していないだけでかなり切羽詰った状況に来ているのかも知れません。
     
ただ、実際に爆弾事件が発生すれば講談社と卑劣漢の記者、この件で情報拡散を行い襲撃を煽っていた創価学会のネット工作サイトや面白がって書き込みしていたアンチ連中など一網打尽にできる機会でもあります。個人的には爆殺されるのは趣味に合わないのですが、政治家でもなく公人でもなく一市民に過ぎない個人を狙ってテロが発生するというのなら、それは行動する保守運動を提唱し最前線で反日勢力と戦い抜いてきた在特会の正当性をこれ以上になく世に知らしめるものであり、胸を張って往生できるのではないかと思っています。
      
講談社の卑劣漢に踊らされて人を脅迫するのは自由ですが、やるのなら本気でやるように求めます。重大犯罪案件の可能性があるとしてこれだけの騒ぎになっているのですから、遊び半分中途半端にやっているのなら気付かないうちに巨大な赤い波に飲み込まれ一生を棒に振ることになるでしょう。自分の一生と引き換えにするだけの覚悟を持って私と対峙するように望みます。<以上>
     

  読んで思う

    

 メディアは保守運動を「極右」と読んで、暴力団のように伝えていますが、本当は、現政権が属する左翼の方が火炎瓶を投げたりする暴力組織です。

     

 しかも独善的で他人の話を聞きません。そして、犯罪者となって保守のネットの妨害をする。これらの妨害の内はまだましだが、長句説妨害も起るのだ。

      

 私にも非常におかしな体験がある。相手は二人組で有ったが、公園で足音を忍ばせて近寄って来た。何となく振り返って、目お前に来ているので驚いた。

     

 顔を合わすと、目を逸らして、仲間の方に去ったのだが、この時、この二人は小雨の中で公園のベンチに傘もささずに座っていたのだ。

     

 そして、横を通った時に、先に言った、一人が傘に触れそうな位置に、突然横に立っていたのだ。これ一度なら偶然も有ろう。

     

 私は、身の危険を感じて、二人が10メートルほど向こうのベンチに座っているのを確認して帰り始めた。所が、公園を出て10メーターほど行った処で、また、手の届く背後に迫っていた。

     

 この二人は、相当の速さで追って来ていた。しかし、二度も面と向かってしまったので、諦めたようだ。私は止まってやり過ごしたのだが、少し行くと迎えの自動車が来た。

     

 未だに、普通の二人組では無かったと思う。しかし、私など襲うとは一切思って無かったし、今も、半信半疑ではあるが、用心に越した事は無い。

    

 反日・左翼は凶暴であるからこそ、告発が必要なのだ。小さな時を見過すと暴力や犯罪は、エスカレートして酷くなるものなのである。

     

 そして、現在の様は反日・妄想左翼の政権は、妄想の「日本破壊」を進めて、後は暴力・恐怖で支配するというのが、常套手段なのだ。ソ連や中国の粛清は多くて非常なものであった。

    

   

   =================

 相場師ブログランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ありがとうございます

    

 *「相場師ブログ」・「ブログの殿堂」は、Gooの「株式投資と邪馬台国女王、卑弥呼」を登録しています。 皆さんのお陰で、順調に上がり、10位近くに来ています。

    

 私のブログの写真を集めたアルバムは、ココログの「建国と今」にあります。写真が見たい人はお手数ですが検索して見てください。

    

 * また、ブログやランキングに様々な妨害が続きます。これは、個人ではない不法侵入者です。

    

 私のPCに常時不法侵入する者(admin)が居る。この侵入は昼も夜も早朝も24時間体制で行われていて、個人で対応する事は不可能。  つまり、巨大な不法侵入組織を持てる組織・団体の行動だろう。こんな犯罪組織を持てるのは、「創価学会」しかないだろうと私は思う。

    

 この宗教は、暴力、集団(組織)ストーカーなど、池田大作王(自称)のために多くの犯罪を犯している犯罪者のオゥムの麻原と同じ思考で、日本の王になろうと暗躍している

|

« Ch.桜<動画>日いずる国より、中山成彬・中山恭子「日教組。日本の現状」。水島総。青山繁晴 | トップページ | がんばれ日本<動画>12,10、劉曉波氏釈放抗議、草奔崛起、杉浦芳子、大使館前 »

日本人が知るべき事」カテゴリの記事

コメント

国家が思想である。そして愛国への深き思いは、近代史のみ学んだのでは生じない。
 世界に類例の無い「神代」と云う歴史をもつこの國は、古事記や日本書紀では解らない。超古代文献「ほつまつたゑ」が世に出て久しい。是非目を通していたゞきたいと思う。
 その時、この様な美しい國、掛け替えのない國を、わたし達は感謝とゝもに、直向きに護り抜いてゆかねばならぬ、と悟るであろう。
 私は祖國の為ならば、いつでも捨て石になろう。いや、なりたいと思う。今まで国家の為に、何も為して来なかった事を、反省しているからである。

投稿: 藤井 伸一郎    | 2010年12月21日 (火) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ch.桜<動画>日いずる国より、中山成彬・中山恭子「日教組。日本の現状」。水島総。青山繁晴 | トップページ | がんばれ日本<動画>12,10、劉曉波氏釈放抗議、草奔崛起、杉浦芳子、大使館前 »