« 宇摩説視点の時事<動画>「定年の無い会社」、日本は古代から年寄り利用が上手かった | トップページ | Ch.桜<動画>12,18 お知らせ!。12,11、がんばれ日本!高松集会・デモ »

2010年12月15日 (水)

株式市況と時事(1277)-6円、小動き。中国の実態、小学校の親も参戦の収賄

      

  ダウとTOPIXで判る市場判断(1277)

    

  株式市況と予想

  

 ニューヨークは、47$高であった。円は高値から円安の動きだった。東京は、21円高に寄りついて、直ぐに、-0.57円まで下げた。

   

 その後に戻して、9:40分過ぎには、寄りの高値を抜いて、23円高になった。10:00時過ぎに売られて、-10円を円を付けて、此方も今日の安値を更新した。

    

 その後は、20円近く戻す場面が有ったが、引け前に再び売られて、前場の引けは、-3円安で終わった。小動きで元気さを感じさせない動きである。

       

 後場寄りは、前場の動きがじり貧だったので、一気に売られ、30円も安く始まって、10,282円と、今日の安値を付けた。その後は持ち直して、後場の終値は、-6円となった

     

   ダウ   -6.99 円 安    10、309.78

  TOPIX   0.53 Pt 高       902.42

    

 ダウとTOPIXを比較すると、ダウは下げて、TOPIXは上げている。機関投資家の動きは小さくて余り市場に反映し無かったようだ。

    

 サイコロは、ダウ、TOPIX共にプラスが外れて、ダウはマイナスが入ったので、8:4から、7:5になった。TOPIXはプラスが入って、9:3で変わらずとなった。

   

 ダウとTOPIXの差が、2Ptになった。まだ上昇は続きそうだが、二日以上続けて100円以上の上げがあると、跳ねた日に売りを入れる時期が来たとも言える。

     

 私は売るのは来週前半あたりを予想している。

    

      

  中国の実態;小学生が賄賂、学級委員選挙

       

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/474700/

<コピー>

【ZAK×SPA!】中華人民(毒)報 小学生の民主政治編

    

 この季節、中国の小学生たちは心穏やかではない日々を送っている。というのも、多くの小学校で、この時期に学級委員選挙が行われるからだ。日本の小学校では、ともすれば押しつけ合いになる学級委員の職だが、中国の小学生がそのポストに燃やす野心たるや並大抵ではない。

    

関連記事

記事本文の続き

      

 北京市内の小学1年生180人を対象に行われた調査によると、9割の児童が何らかの学級委員に、7割が学級委員長になりたいと回答。理由は「権威があるから」「人を管理する立場になりたいから」などの答えが目立ったという(『環球時報』11月19日付)。

    

 そんななか、当選のためには手段を選ばない子供たちもいる。『中国日報網』(11月18日付)によると、昆明市内の小学校で、学級委員長に立候補した児童が“有権者”である同級生に飴や鉛筆を配り、票を獲得するという買収行為を行ったというのだ。

      

さらに「僕に投票してくれたら100元(約1200円)あげる」と、現金を提示した福建省の小学2年生や、投票を管理する教師に金品を渡すよう、8歳の小学生が親に依頼した例など、発展途上国顔負けの“腐敗選挙”が、各地で展開されているのだ(『遼寧日報』11月10日付)。

    

 広州市の日系メーカー勤務・安岡栄太郎さん(仮名・33歳)によれば、選挙戦は学校内だけに留まらないという。

     

 「ウチの工員の子供の多くは同じ小学校に通っているんですが、あるとき職場に『愚息が学級委員選挙に出馬することになったので、皆様のご子弟の清き一票を賜りたくご挨拶にやってきました』と、石鹸やお菓子を持ってやって来た親がいた。

     

かと思うと、翌日には『あの子は過去に暴力事件を起こした粗暴な子。去年まで夜尿症が治らなかった』などと名指しした怪文書のごときSMSが、工員の間で出回っていました。その子のライバルの親の仕業でしょう」

    

 中国在住のフリーライター・吉井透氏は、こうした学級委員選挙の過熱ぶりについてこう解説する。

     

「中国では『人の上に立つ』ことの重要性を、幼少の頃から教え込む親が多い。そのため、権力欲に取り憑かれる子供が多い。

    

また、学級委員選挙は、庶民に生まれた者が権力の座につくことができる、まさに一世一代のチャンス。だから、親たちは競って子供たちを選挙に駆り立てるんです。彼らは、ちょうど天安門事件で学生だった世代。叶わなかった“民主政治”への憧れを、子供たちの学級委員選挙に投影して白熱してしまうのかもしれません」

    

 ところで、こうした激戦を経て晴れて委員に当選した児童はどうなるか。北京市に住む主婦の大西靖子さん(仮名・34歳)の話。

    

 「小学3年生くらいの男子が、通学路で買い食いをしていたクラスメイトに対し『君の素行は、風紀委員として看過できない。先生に報告させてもらう。ま、そのお菓子を僕に渡すのなら話は別だがね』と“賄賂”を要求しているのを見たことがある。

     

 また、近所に住む小学4年生の男子は、学級委員長に選出された年、クラスの女子全員からバレンタインのチョコをもらったそう。ちなみに翌年、落選しチョコはゼロだったとか…」

     

 女もカネも権力があればこそ。中国の小学生は、子供の頃からとんでもない現実を学ぶようだ。<以上>

      

* 中国は儒教国で、1、上下思考、2、嘘と贋物、3、収賄社会と書いて来たが、子供の頃から、親が上下思考、収賄を教えているから、小学校でも同じ社会が出来ている。

     

* 中国人朝鮮人は相手にしないのが最良だが、付き合う事になれば、常に上の1,2,3を念頭に置いて、対応しないと、犠牲者になる。

      

* 馬鹿な妄想左翼のルーピー鳩は、「友愛」などと言っていたが、中国・朝鮮に友人・友情・友愛は無いのだ常に、食うか、食われるかの思考なのである

   

   =================

 相場師ブログランキング  人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ありがとうございます

    

 *「相場師ブログ」・「ブログの殿堂」は、Gooの「株式投資と邪馬台国女王、卑弥呼」を登録しています。 皆さんのお陰で、順調に上がり、10位近くに来ています。

    

 私のブログの写真を集めたアルバムは、ココログの「建国と今」にあります。写真が見たい人はお手数ですが検索して見てください。

    

 * また、ブログやランキングに様々な妨害が続きます。これは、個人ではない不法侵入者です。

    

 私のPCに常時不法侵入する者(admin)が居る。この侵入は昼も夜も早朝も24時間体制で行われていて、個人で対応する事は不可能。  つまり、巨大な不法侵入組織を持てる組織・団体の行動だろう。こんな犯罪組織を持てるのは、「創価学会」しかないだろうと私は思う。

    

 この宗教は、暴力、集団(組織)ストーカーなど、池田大作王(自称)のために多くの犯罪を犯している犯罪者のオゥムの麻原と同じ思考で、日本の王になろうと暗躍している

|

« 宇摩説視点の時事<動画>「定年の無い会社」、日本は古代から年寄り利用が上手かった | トップページ | Ch.桜<動画>12,18 お知らせ!。12,11、がんばれ日本!高松集会・デモ »

株式投資と見通し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇摩説視点の時事<動画>「定年の無い会社」、日本は古代から年寄り利用が上手かった | トップページ | Ch.桜<動画>12,18 お知らせ!。12,11、がんばれ日本!高松集会・デモ »