kabu9uma9.cocolog-nifty.com > 法皇山脈の図形1(5)

Img__0008 加賀山から南東
Img_0001 不自然な凹凸
Img__0005 ダムと着物の襟
Img__0004 ダムと着物
Img__0003 猿が同形三匹
Img__0002 猿が同形で三つ

<< 前 | トップページ | 次 >>

Img__0005 ダムと着物の襟

Img__0005 ダムと着物の襟

 左側に、着物の襟のような造形が有る。
何重にもなっていて、後の十二単を想像させる。

 右側に、ダムが有る。此の上は、先に紹介したが、「ホトケ」と呼ばれる平地になっている。
しかも、樹木が全て、手前(北、海に向けて)に曲がっている。此れは、平地が常に海に向けて風がある事を示し、此の平地は、製鉄に関係したと想定している。(禁足地。伝承など)
発掘が楽しみな一つ。なお、次の写真も同じもの

固定リンク