kabu9uma9.cocolog-nifty.com > 豊浜太鼓台(チョウサ)

Img__0014 女神(中国宮殿・龍・皇帝)
Img__0013卑弥呼の使者 (川之江?)
Img__0012
Img__0011
Img__0010
Img__0009
Img__0008
Img__0007
Img__0006
Img__0005
Img__0004_2 花菱紋の半被
Img__0003_2
Img__0002_2
Img__0001_2

<< 前 | トップページ | 次 >>

Img__0004_2 花菱紋の半被

Img__0004_2 花菱紋の半被

 豊浜町は、太鼓台の7割程度に、花菱の紋が残る。
元は、全て、花菱だった事を、印象付ける太鼓台(チョウサとも)である。
 花菱は、太鼓台の解明ブログに、説明がある。
各地の太鼓台にも、残るが、豊浜が一番多く、次は、新居浜太鼓台だ。
三島太鼓台も、数台は、花菱だが、新装すると消えている。

固定リンク